ネコノミクス

ネコノミクスについて

皆さんネコノミクスという言葉を耳にしたことがありますか?

まずネコノミクスとは、日本での平成期に入ってからの猫ブームを「アベノミクス」になぞり新造語、流行語として、2015年くらいから使われ始めるようになりました。

猫ブームがいつから起こったのかというと、2010年代に入ってから、日本では空前の猫ブームが巻き起こったのです。

火付け役になったと考えられるのは、和歌山電鐵貴志駅の名物三毛猫のたま駅長だと言われています。 ため駅長の経済効果だけでも年間で11億円にも上がったそうです。

2012年~2016年の4年間では、飼い猫の頭数が30万匹も増え、987万匹になったと言われています。 そして今はまだ犬の方が飼い犬頭数の方が多いのですが、もう少ししたら、飼い犬頭数を超すのではないかと考えられているほどです。

今では、猫を特集した本や、猫グッズが多く販売されていますが、その経済効果は、2兆3162億円だと試算されたこともあるようです。

このような風潮を安倍晋三さんが唱えたアベノミクスになぞり、ネコノミクスという言葉を使い、マスメディアを中心にして使われ始めたのです。

また2月22日の猫の日では、猫のまちとも言われている、広島県尾道市をはじめとして、全国でさまざまなイベントが開かれていて、好評を博しているようです。 まあSNSでも、猫に関するサイトなどが急増して、ブームを後押しいたのではないかと考えられているのです。

そして猫ブームの背景を見てみると、高齢者や1人暮らしの世帯が多いので、犬を飼うと毎日の散歩などの世話をしなくてはいけないため、犬よりも猫のほうに人気が移行したのではと考えられています。

また猫と一緒に暮らしている男性のことを、「猫男子」という言葉で表すようにもなりました。

猫が人気になったことで、本や雑誌、グッズなども販売しているので、どのようなものがあるのかを見ていきましょう。
●本や雑誌
本や雑誌は、猫の写真集や飼育の仕方が書いてある本が人気ですし、中には、猫の特集を組んだ女性雑誌もあるほどです。 また猫の専門誌などもありますから、猫好きな人は飼っている人がいるのではないでしょうか。

●映画
映画では、2016年に世界から猫が消えたならという映画があったのをご存知でしょうか。 その他にも、映像の世界でも猫ブームの現象が現れています。

●テレビ
NHKでは、わたし猫みたいに投稿された猫の写真を使って、可愛い猫が紹介されている物があります。 また猫を使ったCMも多くなってきていますよね? CMも2015年からの1年でも1.5倍に増えたそうです。 なので、猫を使ったCMを目にしている人も多くいると思います。

●猫グッズ
猫グッズも以前から多く犯罪されていますが、売り上げも好調のようですし、猫タレントというものも登場してきました。

●ゲーム
ねこあつめというスマホゲームがあり、既に1000万ダウンロードが記録されています。

これだけを見てみても、猫はさまざまな面で活躍していて、多くの人から人気があることがおわかりいただけたと思います。

またかつてでは、「なべネコ」というものがテレビでも紹介されていましたが、なべに猫が何匹も入っていて、見るだけで癒される物でした、そのような写真集も出ているようなので、猫好きにはたまりませんね。

ですが、ブームというのは過ぎ去ってしまうもので、いつまでもブームが続くという訳ではありません。 ブームが過ぎてしまうといらなくなってしまうなんて人も現れるため、今は猫ブームだからといって、安易な考えで飼い始めるというのは絶対にやめましょう。 確かに猫は癒してくれる力がありますし、ふわふわしていて可愛いので、それだけの理由で飼ってしまうという人がいますが、それだけの理由では飼ってはいけません。 生き物を飼うということは、その生き物によって大変なこともありますし、無いかとお金がかかってしまいます。 しっかり生き物のことを理解していなくて、具合が悪いのに、ただ寝ているだけだと勘違いをして、結果的に死んでしまったなんてペットも中にはいるようです。 生き物を飼う以上、その生き物についてある程度の知識が必要になりますし、その生き物をしっかり見て不調を感じ取ってあげることも飼い主の役目ではないでしょうか。 また飼ったはいいけど、飼い始めたら、手に余ってしまって、保険所に持ち込むという飼い主もとても多いです。 手に余ったら保健所にいれればいいという考えは間違っていますし、最後までしっかり面倒を見ることが出来ないのであれば、初めからペットを飼ってはいけないと思います。 しっかりその動物のことを考え、自分は最後まで責任をもって面倒を見ることが出来るという自信がある人だけ、飼うようにしてほしいなと思います。 生き物は何もしていないのに捨てられたり、殺処分されてしまっては可哀相だとは思いませんか? 捨てる人や保健所に連れて行く人は、どのような気持ちなのでしょうか? 動物の気持ちを少しは考えたことがあるでしょうか。 飼いたいという気持ちだけでは、生き物を飼うことが出来ないということをしっかり理解してほしいと思います。