猫カフェ 規制

猫カフェの規制とは

猫カフェは多くの人が人気があり、今では全国に多くのお店が出ているほどです。 そのとても人気のある猫カフェでは、猫と触れ合いながら飲食が出来るお店ですが、猫カフェの営業時間を巡って論争を起きていたのです。

動物愛護法に基づく規制だと、犬や猫をお店などで展示できるのは、午後8時までとされていましたが、今年(2016年)の5月末までの経過措置で午後10時まで認めていたそうです。

2015年10月時点の環境省の調べだと、猫カフェは全国に314点あるとされていますが、今はもっと猫カフェの店舗が増えていると思います。 そしてその中の27%程度のお店は、午後8時以降も営業しているようです。

東京の歌舞伎町にある猫カフェの「きゃりこ新宿店」では、午前10時~午後10時まで営業していて、常時約40匹がフロアにいるようです。 昼間は、若い人や外国人達が多いですが、夜はサラリーマンやカップルが多く来店しているようです。

2012年に午後8時以降の展示禁止のルールが定められました。 それはペットショップなどの犬や猫の休息時間が不足してしまっていることや、不適切な生活サイクルでストレスがかかっていることを考慮して、午後8時以降の展示を禁止したのです。

ですが、猫カフェの業界団体らからの、「営業活動の自由を侵害している」や「猫の夜行性である」などという申し入れを受けて、期限付きで午後10時までを認めた経緯なのです。

そして環境省は、猫はストレスが溜まると増加するホルモンがあるため、フンから中濃度をしらべることにしたのです。

環境省は、午後8時までに閉店する猫カフェの猫と、午後8時以降も営業している猫カフェの猫を比較しましたが、あまり差が見られなかったそうです。


そのため環境省は、中央環境審議会動物愛護部会の報告を受けて、永久的な規制緩和を決めることにしました。

そのことから今年の6月以降も午後10時までの夜間営業を認め、また猫の労働時間を1日12時間以内に限定するという条件を新たに設けました。

そして11歳以上の高齢猫に対しては、定期的な健康診断を受けさせるように求めています。

今年の4月には、東京都墨田区にあるねこのてでは、6畳の広さの空間に62匹もの猫を展示しているなどとして、その劣悪な環境から営業停止処分も受けているのです。 また展示後に店内の猫を狭い空間に閉じ込めてたりして、衛生面で劣悪であったりなど、悪質な業者も増えてきているため、それも問題点になっているのです。

このような悪質な経営を防ぐためにも、猫の展示時間を12時間以内にとどめたり、健康診断もしっかり受けるように考慮を求めているのです。

少し難しい問題でもあるのかもしれませんね。 猫は、ストレスが溜まったり、少し具合が悪かったとしても話すことが出来なにので、伝えることが出来ません。 猫が体調が悪いのをしっかり察知することが出来るのであれば、問題はないとは思いますが、猫カフェはたくさんの猫がいるため、すぐに察知するというのは、難しいことなのかもしれません。 しっかりしている所であれば、休みの日を使って、健康診断をしているという所もあるようですが、全ての猫カフェがしっかり健康診断をしているという訳ではありません。

またどの猫カフェが、悪質な経営をしているかなども、しっかり把握するというのは、難しいのかもしれませんね。

ですが、猫も生き物ですし、毎日多くの人とふれあわなくてはいけないので、ストレスが溜まってしまうのは当たり前なのでかもしれません。 ストレスが溜まったままになってしまっては、人間と同じように体に良くないと思いますので、ストレスがかからないように配慮するのも、経営者側の問題になってくるのかもしれませんね。

そして悪質な業者があるのであれば、それらもなくしていけるようにしていかなくてはいけないのも課題になるかもしれませんね。

また環境省と経営者側の言い分が違うのは当たり前だと思います。 環境省側からしたら、猫カフェ内で猫達が自由に動き回ったり出来る環境を整備することを条件にしていますし、午後10時以降の営業を認めましたが、1歳未満の子猫には適用しないなどとしています。 また規則改正の発端には、夜間にペットショップなどで動物を展示しているという行為が問題だという指摘をしていたことです。 また幼い犬や猫は、夜間に展示されているため、睡眠が妨げられ、成長ホルモンなどの関係で、成長が阻害されたりすることがあるということも報告されていたそうです。

動物愛護法というのは、動物の健康を保持して、よりよい生活を送れるようにするための法律なので、夜間や深夜に動物を展示することを規制したほうがいいという議論もあったそうです。

また猫のストレスについても、食い違いが生じています。 深夜営業をしていると、猫にストレスがかかっているのかについて、環境省側からしたら、ストレスがあると考えていますが、経営者側からしたら、ストレスはないと考えられています。

ですが、環境省と猫カフェ経営者も動物のために考えているというのは共通なので、これからも猫にとって何が1番なのかということを考えていき、意見を交換したりするのが課題かもしれませんね。