猫ブーム うざい

猫ブームをウザいを思っている人もいるかも・・・

今は空前の猫ブームではありますが、猫ブームをウザがっているという人もいるようです。 もちろん全ての人が猫が好きというわけではないので、猫ブームをウザいと思ってしまっても仕方がないのかもしれませんが、どうしてウザがっているのかを見ていきましょう。

猫が嫌いな人達からしてみれば、猫はかわいく思えないですし、うざいと思ってしまうようです。 YouTubeなどでも、猫の可愛い姿がたくさん映っている動画がいくつもありますが、そういった物もあるのが嫌なのかもしれません。

では、猫が嫌いな人は、どうして猫が嫌いなのかを少し紹介していきたいと思います。

1つ目の理由は、猫は汚いというイメージがある
トイレ関係がしっかり出来ていないことが考えられるようです。 トイレについては、全ての猫がトイレで出来ないという訳ではなく、しっかりトイレでしかしない猫もいるので、それは少し間違ったイメージかなと思います。 私も小さい頃に猫を飼っていましたが、私が飼っている猫は、初めからトイレでしかおしっこやウンチをしない猫だったので、そういった猫ばかりではないということをしっかり理解してほしいと思います。

2つ目の理由は、すり寄ってくる所
すり寄ってくるのが嫌だという意見があるようですが、犬も寄ってくるので、これは猫だけではないのではないでしょうか。 犬が大丈夫なのであれば、猫も同じようなものなので、犬はいいけど猫はダメというのがよくわかりません・・・

3つ目の理由は、ウザい
猫は寝る時、トイレ、お風呂、料理をしている時など色々な所についてくるのがウザいと感じる人がいるようです。 犬も飼っているとわかりますが、結構色々な所についてきます。 猫が好きな人であれば、それが可愛いと思うのですが、嫌いな人は逆にそれが嫌と感じてしまうのだと思います。

これらが、猫が嫌いな人の理由になります。

そして次に、初めは好きだったけど、何かがきっかけで嫌いになってしまった理由も少し紹介しておきたいと思います。

1つ目は、ウンチが臭い
はじめて猫を飼った人は、猫のウンチのニオイがキツすぎて、嫌になったという人がいるようです。 飼ってから始めてわかることもたくさんあると思いますが、それだけで嫌になってしまっては、あとあと色々あるため、飼うのは無理だと思います。 そういった面もしっかり考えてから、飼った方がよかったのではないでしょうか。

2つ目は、他の家の猫が自分の家の庭にフンやおしっこをする
近所の家の猫が、自分の家に勝手に入ってきて、庭にフンやおしっこをすることから、嫌になったという人が多いようです。 これはその猫の飼い主も良くないかもしれませんね。 飼い離していると、猫は好きな所に自由に行ってしまうので、放し飼いをしていると、飼い主はそこまで目が行き届かないというのも事実だと思います。

3つ目は、小さい時に猫に噛まれたから・引っ掻かれたから
小さい頃にいきなり、噛まれたり、引っ掻かれたという記憶があると、その頃のトラウマがあって嫌いになってしまったという人もいるようですが、トラウマがあるとなかなか好きにはなれませんよね・・・

4つ目は、とにかく怖い
何をされた覚えもないけど、物心がついた時から怖いと感じている人もいるとのことです。 これも先ほどと一緒で、物心ついた時から嫌いでると、なかなか好きになる事が出来ないと思います。

このような理由で猫を嫌いになってしまったと考えられます。 初めから猫が嫌いな人もいれば、何かがきっかけで嫌いになってしまったという人もいるようです。そして逆に何かがきっかけで、稀に猫を好きになるという人もいるということをしっかり頭に入れておくといいでしょう。

また考え方は人それぞれなので、好き嫌いがあっても仕方がないことだと思うので、自分が猫が大好きだからと言って、猫が嫌いな人に自分の価値観や意見を押し付けてしまってはよくありませんので、気を付けましょう。 そして誰でも猫が好きなわけじゃないということをしっかり理解しておく必要があります。

自分も苦手な物を押し付けられたら嫌だと思うので、嫌いな人には押し付けないように気をつけて、相手の意見もしっかり聞いてあげるようにしたほうが良いでしょう。

猫が嫌いな人からしたら、猫ブームなんてウザいと思ってしまいますし、猫カフェなんていらないと思ってしまっても仕方ないと思います。 ですが、好きな人は好きなので、嫌いな人も猫を好きな人を否定するような言い方をするのはやめたほうがいいかと思います。

嫌いでも良いとは思いますが、だからと言って猫にいたずらしたり、虐待をするようなことは絶対にしてはいけませんから、嫌いな人は放っておきましょう。

絶対に猫を傷つけないでください。 そして飼うのであれば、ウンチなどが臭いということをしっかり認識して飼うようにしなくては、最後まで面倒を見ることが出来ないと思いますので、しっかり猫について知ってから飼うようにしてみてください。