猫ブーム

猫ブームとは

猫ブームとは

皆さんは猫と犬のどっちがお好きですか? 近年では、なぜ犬ではなく、猫を選ぶ人が多くんありましたが、どうして猫を選ぶ人が多くなったと思いますか? 平成27年に犬猫飼育実態調査によると、犬が991万7000匹で猫が987万4000匹とその差はあまりありませんが、5年前までは、その差が200万匹以上の差があったと言われているので、近年で猫が多くの人から人気が高まったことがおわかりいただけると思います。 また猫の飼育頭数は増え続けていて、犬の飼育頭数を追い抜くのではと考えられています。

ではどうして猫の飼育頭数が増えているのかというと、その1つの理由として考えられているのは、お散歩の有無ではないでしょうか。
犬というのは、毎日お散歩をしなくてはけませんが、猫はお散歩をする必要がなく、手軽に飼うことが出来るイメージがあるのだそうです。 お散歩をする必要がないというのは、その通りかもしれませんが、猫で完全室内飼いにする場合は、運動できる場所を十分に用意しなくてはいけません。

そして2つ目の理由として考えられることは、住宅事情です。
犬や猫は、種類により、形や大きさが大きく変わることがありませんし、大型腫であっても一般的に抱えられないほどになる事はありません。 また賃貸では、まだペット不可の物件が多いため、猫は犬のように大きな声で鳴きませんし、お散歩で外に出す必要がないため、ペット不可の物件であっても隠して飼っているという人も多くいるのです。

3つ目の理由として考えられることは、高齢化社会だと言われています。
高齢者になると、体力や筋力が衰えてくるので、犬を飼っていると、毎日お散歩や遊んであげなくてはいけなく、体力的に不安がありますが、猫はそのような心配は少ないため、猫を選ぶという人の方が多くなっているのです。 確かに高齢になると、体力的に不安がありますし、体調不良になってしまうと、多くな負担になってしまう可能性が高いのです。 他にも、猫は犬より、ふわふわした毛並みをしていて、触り心地がいいため、触っているだけで、犬よりも幸せホルモンが分泌されているようです。

4つ目の理由として考えられることは、犬よりもしつけをしなくてもいいからだと言われています。
犬は何かとしつけをしなくてはいけませんが、猫はトイレの場所を教えたりするだけなので、犬ほどしつけをしる必要はありません。 また近年では、猫を飼うことが出来る物件はもちろん、猫付きマンションや猫付きシェアハウスという物まで始まってきているようです。

どうして猫ブームが起きたのかというと、火付け役はおそらく女性ではないかと考えられています。 猫が好きなのは、男性よりも女性の方が多く、逆に犬が好きなのは、女性よりも男性の方が多いのです。

ということは、女性のほうが猫の好んで飼う人が多く、そのことから猫ブームが起きたのではないかと考えられているのです。

ではどうして、女性は猫が好きなのかというと、女性の多くは、大きい瞳に魅かれる傾向があり、丸い目の猫を好んでいると考えられています。

また猫というのは自由奔放なイメージがあるため、自由に生きたいと願う女性の共感が隠れているのではないかと言われています。 自由奔放に生きている猫に心をひかれているから、猫を飼ってしまっているのかもしれませんね。

ですが、猫ブームと言っても、その一方では、殺処分されている猫もいるということをしっかり理解し、頭に入れておかなくてはいけません。 猫といのは、人を癒してくれる存在ではありますが、物ではなく、私達を同じように生き物なのです。 猫を飼っていれば、絶対に怪我や病気もしてしまいますし、飼うということは一生その子の 面倒を見てあげなくてはいけません。

また猫自身の寿命も、どんどん延びてきていて、20年以上生きている猫も多くなってきています。 ということは、長く生きている分、さまざまな怪我や病気をたくさんする可能性があるということも覚えておかなくてはいけませんし、怪我や病気をしてしまったら、しっかりと対処してあげなくてはいけません。

また世の中が猫ブームだからと言って、安易な考えで、猫を飼い始める人が多くなってきていますが、途中で飼育を放棄してしまう飼い主も多いとのことです。 また殺処分される猫の中には、飼い主が持ち込んでくることも多いようです。

自分で飼いたいと思って飼ったのであれば、一生面倒を見る覚悟を持って飼い始めて欲しいものです。 飼い主が安易な考えで飼ってしまい、途中で飼えないから捨てるなんて勝手過ぎますし、猫も命があるということをしっかり理解してほしい物です。

猫を飼いたいと考えるのであれば、飼う前に1度しっかり考えるようにしてみてください。 しっかり最後まで面倒を見てあげることが出来るのか、病気や怪我をしてしまった時に、しっかり対処してあげることが出来るのかなどもしっかり考えなくてはいけません。

猫ブームだからといって、そのブームに乗る必要はありませんから、しっかり考えてから、飼うようにしてください。